English world

同時通訳を役立てる

同時通訳するために厳しい試験の突破が必須

外国のニュースや外国で行われる国際会議の場において、同時通訳というのが必要になります。
外国語で話されたものに関して、多くの人は瞬時に何を言ってるのか理解することができないでしょう。
理解することができないと、コミュニケーションを取ることができません。
コミュニケーションを取ることができなければ、国際会議の意味がありません。
同時通訳をする仕事は、外国語をその場で日本語にして伝えなければならないので、よほど語学に精通している人じゃないとすることができません。
同時通訳を、伴う仕事は大事なところが多いので、通訳者になるためには、よほど高い壁が必要になります。
その難しい試験を突破した人が今活躍しているのです。
外国人が多く日本にやってくるようになり、より通訳者の需要が増えてきました。
語学に精通している人ならば、通訳者になる道を考えてみたらどうでしょうか。
試験を受けるだけでも良いでしょう。
得意なことを仕事に活かせるのは、すごく素敵なことです。

同時通訳に求められる適性

同時通訳に求められる適性 同時通訳にはどのような適性が求められているのでしょうか。
同時通訳は瞬時に言葉を別の言語へと訳すことが求められています。
ですから素早い反応が必要です。
つまりできるだけスピーディに訳す必要があるため、反射神経が敏感でなければいけません。
逆に言えば優柔不断の傾向があるなら、一つの言葉を訳すことにもさまざまな選択肢が思いついてしまいます。
その結果通訳が遅くなってしまいます。
もちろんそうしたスピードは場数を踏むことで、上げることができます。
性格的におっとしているなら、そうでない場合よりも多くの練習が必要です。
ですから同時通訳に必要な適性のひとつは反射神経の速さです。
もちろん生まれつきどのような性質であっても、ある程度までは培うことができます。
さらに母語のレベルも必要です。
一般的に言って外国語が母語を超えることはありません。
母語で正確に意思を伝え、コミュニケーションできることが、良い通訳の基礎になります。